ニキビ・にきびの治療







 今、ニキビ・にきびは若い人にとって大きな悩みです。ニキビ・にきびは、早い方では小学校高学年から出はじめて、中学・高校生と年齢が上がるにつれて増える傾向です。二十歳を過ぎた大人に見られるニキビ・にきびはアダルトニキビ・にきびなどとも呼ばれて治りが悪くガンコです。

 ニキビ・にきびは肌の中にある皮脂腺という皮脂(あぶら)を分泌する部分に過剰に皮脂がたまり、そこにニキビ・にきび菌が感染することにより引き起こされます。

 思春期には皮脂の過剰な分泌によってニキビ・にきびが引き起こされますが、大人の場合は皮脂腺がつまりやすくなっているため、必ずしも脂性肌ではないにもかかわらずニキビ・にきびができてしまいます。ストレスや不規則な日常生活、間違った肌のお手入れ法などはニキビ・にきびを悪化させてしまいます。

 当院では、ニキビ・にきびの状態や患者さんのご希望に応じて、皮脂の分泌を抑制し、皮脂腺のつまりを改善させる働きのあるレチノールや・ビタミンCの塗り薬、イオン導入、ケミカルピーリングをはじめとして、種々の治療を行っています。また、正しいお肌の手入れ法の指導もしています。


大切 なことは
 
今あるニキビ・にきびを早くなおす。
ニキビ・にきびの予備軍も早めになおす。
ニキビ・にきびの赤みをなおす。
ニキビ・にきびの色素沈着をなおす。
ニキビ・にきびの凹みを早めになおす。

以上が治療のポイントです。症状が固まってしまってからでは完治が難しくなりますので、早めの治療をお勧めします。

治療内容や費用など、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらの院長手づくりのホームページをご覧ください

ケミカルピーリング
 肌は一定のサイクル(周期)で新陳代謝を繰り返し、肌の一番外側にある角質は新しく生まれ変わっています。しかし、老化やホルモンをはじめとする様々な原因によってこのサイクルが乱れると、古い角質が肌の表面に蓄積されて、肌の色がくすんできたり、シミ・しみになったり、張りやツヤがなくなったり、ニキビ・にきびができたりします。

 ケミカルピーリングとは、天然の果物などを原料にしたフルーツ酸を使って、この蓄積された古い角質をマイルドに取り除き、肌の新陳代謝を高める美容法で、くすみ、うすいシミ・しみ、ニキビ・にきび、肌の張りやツヤをだすのに効果があり、若い方からご年配の方まで幅広く行えるスキンケアです。

 定評ある大分皮膚科のケミカルピーリングは、小学館発行の女性雑誌DOMANI(ドマーニ)1999年4月号に「全国ピーリングドクター詳細ガイド〜この医師になら30代の肌をまかせられる」として紹介されました。

治療内容や費用など、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらの院長手づくりのホームページをご覧ください