シミ・しみの治療







 シミ・しみといえば老化の象徴です。お化粧でもなかなか隠すことができません。シミ・しみが一つ無くなるだけでも、ずいぶんと若々しい印象になります。

肌の 再生力を高めてたまったシミ(しみ)を大掃除
 

 肌は一定のサイクル(周期)で新陳代謝を繰り返し、新しく生まれ変わっています。しかし、老化や紫外線をはじめとする様々な原因によってこのサイクルが乱れ、新陳代謝が低下すると、本来なら自然に排出されるメラニン(シミ・しみの色素)が肌に沈着して、シミ・しみになってしまいます。

  でも、心配いりません。顔にできた老化の丸いシミ・しみなら80〜90%取ることができます。老化によって肌に沈着したシミ・しみを垢(あか)のように外に排出させて、元の健康な状態に回復させる「90日間シミ・しみ集中治療プログラム」なら、長年のシミ・しみでも60〜90日でサヨナラです。

  肌の新陳代謝を高める作用がある「ぬり薬・トレチノイン」と、漂白作用のある「ぬり薬・ハイドロキノン」などを組み合わせて使うことにより、年とともに肌に沈着したシミ・しみの色素を外に追い出して、大掃除することができるのです。新陳代謝が高まるため治療期間中は薬を塗った部分が赤くなりますが、これは化粧でカバーできます。

 この治療法は、東京大学医学部美容外科・形成外科講師の吉村浩太郎先生によって開発された方法で、当院は、九州ではいち早く吉村先生のご指導を受けてこの治療法を実践しています。
参考:吉村浩太郎先生ホームページ『トレチノイン療法』について

長年のシミ・しみで、シミ・しみの色素が肌の深い部分に沈着している場合でも、レーザーの光を使ってシミ・しみの色素を分解することができます。Qスイッチという特殊な装置が付いたルビーレーザーを使うとシミ・しみの色素のみを一瞬で分解することができます。その後に上記の塗り薬を使い、治療を仕上げます。

当院のシミ・しみ治療は、大分合同新聞の健康欄でも「塗り薬によるシミ・しみ取り」として取り上げられ、話題になりました。また、NHK大分の番組「ゆうどきクリニック」と「ひるまえクリニック」にも院長が出演し、シミ・しみ治療についてお話しました。

当院における豊富な実例より

治療前

治療後

治療内容や費用など、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらの院長手づくりのホームページをご覧ください

シワ・しわの治療
 いつまでも若々しくありたいという思いとは裏腹に、年齢とともにやってくるお肌の衰えやシワ・しわは、心や足取りを重くさせます。シワ・しわを隠そうと厚化粧をすると、かえって目立ってしまいます。

 シワ・しわは紫外線や老化によって、皮膚のコラーゲンやエラスチンが減少して起こってくるものです。

 紫外線対策をしっかりすることは、いつまでもお肌を若く保ち、できるだけ老化を遅くさせるために大切なことです。

 でも、もうすでにできてしまったシワ・しわには、レチノールを塗ったり、ケミカルピーリングによって予防と改善ができます。また、皮膚の成分であるヒアルロン酸やコラーゲンをシワ・しわの部分に注入して補うという方法があります。

 シワ・しわのへこんだ部分にヒアルロン酸やコラーゲンを入れて盛り上げ、ハリを出すのです。ヒアルロン酸は元々皮膚の中にあるものなので安全性が高いのが特徴です。

ヒアルロン酸やコラーゲンの注入は手術ではありませんので、手軽です。どんなに高級な化粧品を使ってもこの様な効果は得られません。ヒアルロン酸やコラーゲンは自然に分解されますので、効果は半年から1年半くらいです。しかし、自然に分解されるのでかえって安心ともいえます。

治療内容や費用など、さらに詳しくお知りになりたい方はこちらの院長手づくりのホームページをご覧ください